【嫁日記】今日の嫁ちゃん11日目

こんにちは、UBEBAKO管理人のhatoです。

地元である山口県で結婚しました。

まだまだ日の浅い結婚生活ですが、日々の振り返りを行い、

普段なかなか伝えられない感謝の気持ちや、

心が引き裂かれてもとても表には出すことが出来ない

「あんな気持ち」や、「こんな気持ち」に

改めて感謝をしたいと思います。

2020-10-01(木) 今日の嫁ちゃん

今日は朝から東証のシステム障害が起きてましたね。

システム担当としては身が震えるような事態です。

ただ、自分の影響範囲外の話なので…

今日も元気にお仕事です。

今日からぼく君は保育園復帰です。

手術痕が痛々しく、預けるには後ろ髪を引かれますが、

お仕事なので、、、ごめん、、、ぼく君。

生きるためには生活費を稼がねばならないのだ…

嫁ちゃんが働いてくれているので借金はあるものの、

生活に不便さを感じることはありません。

嫁ちゃん、ありがとう。

我が家の場合、最近増えつつある共働き世帯です。

共働き世帯のお互いの立場は対等であると考えます。

男性が家事を手伝う、子育てを手伝うというのは

一見、イクメンと言われそうですが、

「手伝う」などという表現は非常におこがましいとわたしは考えます。

「手伝う」という言葉の前提には、

「女性がやって当然」という意味合いを感じるからです。

なので、「手伝う」のではなく、

「やる」もしくは「やらせていただく」くらいの

マインドセットが当然だと思います。

我が家の役割分担をざっくりご紹介すると、

わたしは主に料理を担当しています。

嫁ちゃんは掃除を担当しています。

子育ては わたし:嫁ちゃん=7:3 くらいです。

子育てに関してはどうしても体力の差が出てくるので

仕方ないですね。

コツとしては、いかに仕事で消耗しないようにするかです。

消耗しないコツとしては、心を無にして黙々とやることだと思います。

黙々とやるということは無駄なことは考えないことです。

変なところで消耗してしまってはもったいないと思います。

でも、正直なところ十分な収入を得て、

嫁ちゃんには楽させてあげたい…

がんばれ、自分。

そんなこんなで今日も一日無事に過ごすことが出来ました。

嫁ちゃん、いつもありがとう。

以下は、時短に役立ちそうなサービスです。