ホワイトチョコレートフォンデュをしたお話

ホワイトチョコレートフォンデュ

写真を見返していたら懐かしくなってきたので、

ホワイトチョコレートフォンデュをやってみた話をしたいと思います。

毎年、11月11日はみなさんお馴染みの「ポッキーの日」ということで、

毎年私も浮かれながら、チョコレートフォンデュ用の機械を買い、

ポッキーに”追いチョコ”してみたり、プリッツをポッキーにしてみたりして遊んでいました。

チョコレートが滝のように流れているチョコレートフォンデュ用の機械ですが、

バイキングやパーティ会場のデザートビュッフェではたまに見かける程度で

見かけると、そこはかとなく心がワクワクします。

しかし、そこで見るのは通常の黒いチョコレートが流れているもの。

ホワイトチョコレートでは出来ないのか?

ということで、やってみました。→出来ました。

アイテム

用意したのは明治のホワイトチョコレート

湯煎しつつ、牛乳を加えて滑らかにしていきます。

牛乳は無脂肪牛乳が良いという話を聞いたので無脂肪牛乳を用意しました。

一旦、機械にホワイトチョコレートを流し込みます。

まだ、キレイな滝にはなってないですね…

ということで、追いホワイトチョコレート。

うまくいきました。(これでもまだドロドロしていたのでこの後、さらに追いチョコ)

大事なのは、チョコレートと牛乳を湯煎して絶妙な滑らかさにすることでした。

早速、ポッキーを”ホワイトポッキー”にしてます。

感想

毎年チョコレートフォンデュをやっていますが、

正直、実用性は皆無です。チョコレートのほとんどを捨てることになると思います。

私は貧乏性なので、捨てる前に流れているチョコレートを

パンに染み込ませて冷蔵保存して後日、食べました。

作る過程であったり、出来た時の喜び、一緒にやってくれる人との時間の共有する

非日常体験として、面白いツールだと感じています。

※簡単そうですが、やってみると作成~後片付けを含めて意外と苦労します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。