【思考整理】地方で生活して思うこと

こんにちは、hatoです。

地方で平凡な生活をしてきて29年の私が、

自身の振り返りと今後の気付きを得るため、

あわよくば、他の方の参考になれば…と思い、

29年間地方で生活して感じたことをまとめてみます。

【義務教育】小学校~高校 6~18歳

はじめに、「高校は義務教育じゃない!」というご指摘はごもっともです。

便宜上まとめています。個人のブログなので細かい点はご容赦ください。

小・中・高と地元の公立の学校に通いました。

この時点で既に平凡感丸出しですね。

そもそも、わたしの地元には私立の学校がほとんどないので、

選択肢として私立の小・中・高を考えるひとは少ないと思います。

個々人の差は当然あるものの、高校の偏差値も公立の方が高めです。

実は、小学校の記憶はほとんどありません。

友達は数人いたと思うのですが、

スマブラ(大乱闘スマッシュブラザーズ)だったり、

ドンキーコング64、ポケットモンスター、遊戯王、けん玉等々、

遊んでいた記憶しかありません。

振り返ると、親が教育熱心だったこともあり、

そろばん、水泳、習字は習わせてもらっていました。

当時は苦痛でしかありませんでした。

たしか、習字は友達がやっていた影響で

自ら「やりたい!」といったような…

ちなみに、字は味のある字を書くことが出来ます。

習字のおかげで人が読める程度になった気もします。

中学校から記憶が少しずつ鮮明になるのですが、

部活動、ゲーム、学校の勉強 以上!!

他に出来ることを知らなかったんだと思います。

選択肢がなかったことは良い面と悪い面があったと思います。

 ・良い面は、集中できたこと。

 ・悪い面は、視野が狭くなったこと。

部活動、ゲーム、学校の勉強の3つに集中できたことで、

自分のキャパシティをオーバーすることもなく、

将来への不安や焦りも感じることなく、

3年間を過ごすことが出来たと感じています。

一方で、振り返るともっと色々な経験が出来たのではないかと、

感じることもあります。

将来の仕事についてもっと深堀りして考えておけば、

そのための行動が起こせたのではないかと…

そして、高校からですが、

さらに部活動に集中してしまいました。

勉強はそっちのけで部活動に集中しており、

はい、楽しかったです。以上。

【学生時代】大学~大学院 18~23歳

大学時代は、部活動とアルバイトに集中していました。

特に部活動ですが、

平日、18時~22時

休日、朝8時~21時までずっと練習していました。

+α空き時間にバイトをしていたので、

鼻血を出しながらスケジュールをこなしていました。

生きていて良かったです。そして、謎の高揚感がありました。

アルバイトも2~3掛け持ちで、

短期・長期含め色々な経験をすることが出来ました。

当時のアルバイト先を決める方針は、

「就職する業界以外の仕事をしてみる!」を方針に掲げており、

無事、達成できたと思います。

就職後は、もっと就職する業界について経験を積んでおけばよかったなぁ…

と、感じました。つまり、方針決めで誤った方針にしてしまった・・・?

結果論なので、深くは考えないようにしましょう。

いつか、きっと、この経験が生きる。はず。

【就職活動】大学院~就職活動 23~24歳

大学院に進学してからは部活動への集中は収まり、

自分の経験に投資しようと感じるようになりました。

色々なアクティビティひとりで挑戦したり、

海外の大学へ短期留学したりと、

アルバイトで貯めたお金にものを言わせて、

好き放題、やりたい放題お金を使いました。

楽しかったですが、無駄金が多かったように感じます。

後悔はありません。

そんな経験を上手く活かして話せた甲斐もあり、

就職活動は無事2ヶ月で終わりました。

【社会人】独身生活  24~26歳

社会人になってからは、

学生時代の延長でお金の心配はなかったです。

好きなところに、好きな時に行き、自由でした。

【社会人】結婚生活  26~27歳

結婚してからは、

将来のお金について真剣に考えるようになり、

お金の心配が生まれました。

気付いてしまった…という感じでした。

気付かない方が現時点では幸せだったかもしれませんが、

20年後、30年後を幸せに過ごすために考えることが多くなりました。

【社会人】子育て生活 27~29歳

子供が産まれたタイミングでお金のシミュレーションをしました。

シミュレーションした結果、

このまま変化がなければ

お金の心配はないことに気づけました。

わたしの現在地はチーズステーションCです。

支出には気を配りながら、

もっと収入があれば…とは常々感じます。

今の職場だとこれ以上の収入は見込めないので、

どうしようかなぁ…という状態です。

それよりも、いまは息子に真剣に向き合いたい。

産まれてから、

両親、小児科、大学病院、リハビリ、県外の病院等々

お世話になりっぱなしです。

周りの協力に感謝しながら、

この子の成長を見守り、ともに成長していきたいと思います。