人を動かす

ふとした思い付きでD・カーネギー著の「人を動かす」を

もう一度読んでみようと思いました。

はじめて読んだときは大学4年の時なので、今から7年前です。

大学院での経験、社会人の経験を踏まえると新たな気付きがあるはず!(願望)

早速、新たな気付きが!!

いま、6割程呼んだところですが、早速新たな気付きがありました。

というよりも、当時読んだ内容のほとんどが頭に入っていなかったようです(汗

記憶の忘却曲線というのは意識しておかないとだめですね…

それに、「読んだ≠習得」ではないということを痛感しました。

読んで、とりあえずやってみないとだめですね。なので、早速やってみました。

何をしたかというと…

妻へ「笑顔で挨拶」

「えっ???何言ってんのこいつ」と思われると思います。

ですが、ほんとです。

このベストセラーの一説にあった通り、そのまま実行してみました。

「いままで笑顔で挨拶してなかったの?」と思われた方その通りです。

毎日、毎朝、顔を合わせている相手に対して

笑顔で挨拶する習慣が消え失せていました。

思い返すと、自分の親や兄弟にも笑顔で挨拶した記憶がありません。

たま~っに会うときは別ですが、毎日会っていると笑顔が無くなります。

これはなぜでしょうか…、私だけでしょうか…

効果バツグン

妻に笑顔であいさつした結果…

効果バツグン

最初は「えっ、急になに?」というリアクションでしたが、

徐々に妻も笑顔になってきました。心なしか良い一日を過ごせました。

単純なことですが、おすすめです。やってみる価値は大いにあります。

よく、会社で「挨拶をしましょう」、「あいさつ運動」とかをしていて、

冷めた目で見ていました。この姿勢は変わらないと思います。

これはみんな半強制的にさせられるからだと思います。

みんなが自発的に挨拶をするような仕組みや取り組みを考えることを放棄した

結果の取り組みだと思います。

人は自ら考え、行動する生き物だと思うのです。

なので、やる行為自体は同じですが

このような強制イベントでは期待した効果は得られないのではないでしょうか。

挨拶自体に効果はあると思います。では、自発的に行動してもらうためには、

その効果を実感してもらう必要があります。0円で。すぐに。その為には…

身近な人、近しい人に笑顔で挨拶を

まずは、親、兄弟、友達、席が隣の人など

近しい人に笑顔で挨拶してみましょう!

昨日、笑顔で挨拶していなかった場合、

確実に昨日とは違ったリアクションが返ってくるはずです。

「えっ、何急に、気持ち悪い」とか言われても気にしない。

笑顔は相手に友好的な意思を示しているだけなので、

警戒されても、攻撃されることはありません。

(よっぽど特殊な事情を除いて、)

なので、みなさん…

身近な人に笑顔で挨拶してみましょう!